義務教育における友達の存在

義務教育の期間というのは、子供にとって多くのことを経験する時期です。
小学生低学年の時期はあまり気にすることがないのかもしれませんが、中学年、高学年になるにつれて周囲の人たちとのかかわり方も変化することが考えられます。
その中で、ある人は習い事を始めるかもしれません。
そうすると、習い事をする場所での人間関係も新たにできてきます。
一つのことに秀でた先生と同じ事を習おうとする生徒が周囲にいます。
興味のあることであれば、学校で興味がないことがあったとしても習い事にやりがいを見出すことができるかもしれません。
もし学校で友達ができなかったとしても、習い事を通じてできたとすれば、子供にとって何かを習うこと以外に意味ができます。
強いつながりの友達がいればそれはとてもいいことです。
しかし、そうとは限らないことも多々あります。
その場合、親が視野を広く持ち、行動を促すことによって、子供の可能性や選択肢が広がって行くのではないかと考えます。

「根治」を目指すプロを育てる

単身引越の強い味方

最新の関連ページ一覧

私の子供は隣町の進学校に行ったのですが、その学校の生徒はとても礼儀正しく風紀も生活指導の先生が厳しい

友達からの影響で成長していくことについて

私が中学の時理由はわかりませんがある女子のグループから無視をされてしまいました。
他の友達は普

一緒に教育を受ける友達について

教育において、学習だけではなく、人間関係を作ることも大切です。
最近の研究でも共同研究が多く、

自尊心と相手を思いやる心

Copyright(c) 教育 友達 . All Rights Reserved.